今、各メディアで大注目!三重県内初の陸上養殖鮑 伊勢緑鮑(りょくほう)

鮑 海と完全に分断された陸上での鮑の養殖に三重県内で初めて成功。天然わかめをエサに育った鮑は貝殻の色から「伊勢緑鮑(りょくほう)」と名付けました。

伊勢緑鮑の特長

●水槽内で鮑の住みやすい環境づくりがされ、余計な負担をかけず成長するので、天然ものに比べその身は柔らかく、禁漁期間も無いため1年中鮑の味を楽しむことができます。

●漁獲サイズの規制や漁獲量によっての価格の変動が無く、8センチ程と少し小ぶりながら、安定した価格での提供が実現。

●海には雑菌が多く、細かな水質管理ができないが、陸上養殖では薬品など一切使用せず、水質管理から徹底し行っているので、食の安全が保てます。

●国内で消費される4割の鮑が外国産という状況の下、陸上養殖は地産地消も促せます。

養殖工程でのポイント

1.エサは、栄養価が高くミネラルを豊富に含む、天然わかめを使用しています。

2.住みやすい水質を探り試行錯誤した結果、水は尾鷲市沖の海水を使用している。

3.徹底した水温管理を行い、常時20℃前後の水温を保っています。

伊勢緑鮑 5個セット ¥6,000(消費税・送料込)

  • ご注文フォームへ

伊勢緑鮑 10個セット ¥10,000(消費税・送料込)

  • ご注文フォームへ